■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
「日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!」(サンプル)
「東京海上」解体新書 (サンプル)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「損保業界」と「発展途上国」を結ぶ会の事務局です。

__________________________________
  今日のテーマは フィラデルフィア社のGreen Power Purchasing受賞 です
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


フィラデルフィア社の「Green Power Leadership Award (Green Power Purchasing)受
賞」に
ついてです。


「Green Power Leadership Award (Green Power Purchasing)とは、米国環境保護庁
が、
グリーン電力購入を通じてグリーン電力市場の発展に貢献した先進企業を表彰するもので
す。


2014年は全米で9社が表彰され、フィラデルフィア社はそのうちの1社として受賞しまし
た。


フィラデルフィア社は、事業活動に伴う年間電力使用量に相当するグリーン電力購入に加
え、
環境戦略プラン「GREENPHLY」を展開し、ネット・ゼロ・エミッションを実現しているこ
と等
が評価されたようです。


*フィラデルフィアのHP(英語ですが)では、GREENPHLY について、宣伝していま
す。
 ぜひ、英語文読解の練習と思って一読ください
https://www.phly.com/AboutPHLY/Community/greenphly.aspx


サイトの概要では、

○フィラデルフィア社は、同社の事業活動に伴う年間電気使用量の100%に相当する
約400万kWhを超えるグリーン電力を購入し、2013年度からネット・ゼロ・エミッション
を実現しているということ。


○これは、自家用自動車約700台の年間CO2排出量、平均的な米国一般家庭約500世帯の
年間使用電力量に相当しているということ。


○「環境負荷削減」「環境教育・啓発」「地域社会貢献」の3本柱からなるGREENPHLY
の取り組みを通じて、持続可能な地域社会の創造に積極的に貢献しているということ。


○東京海上グループでは、フィラデルフィア社によるグリーン電力購入や東京海上日動の
マングローブ植林によるCO2吸収・固定等を通じて、2013年度の国内外の事業活動
において「カーボン・ニュートラル」を実現しており、東京海上グループ全体の取組も
評価されたということ。

が記載されています。

なお、このGreen Power Leadership Awardは、簡単に表彰されるものではなさそうです。
参考までに、米国環境保護庁のサイトを見てみると、表彰社に、アップルや、グーグルな

の全米で超有名企業が名を連ねていました。


http://www.epa.gov/greenpower/awards/winners.htm


一保険会社を、このような環境取組で評価される会社にしてしまう、徹底力が東京海上
グループの強みなのではないでしょうか。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!」では、損保会社特集が終了したこととに伴い、今週から1週間分の業界ニュースをピックアップした「まるごと損保業界ニュース」をはじめました。
多忙を極めて新聞・雑誌等を読む時間のない方にオススメします。