■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
「日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!」(サンプル)
「東京海上」解体新書 (サンプル)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「損保業界」と「発展途上国」を結ぶ会の事務局です。

__________________________
  今日のテーマは 東京海上日動の「厚生労働大臣優良賞」 です
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

東京海上日動の、ファミリー・フレンドリー企業部門 「厚生労働大臣優良賞」
受賞についてです。


この度、東京海上日動は栄えある賞を受賞しました。

均等・両立推進企業表彰は、「女性の能力を発揮させるための積極的な取り組み」や、
「仕事と育児・介護との両立支援のための取り組み」について、他社の模範となる
ような企業を表彰する制度です。


その中でも、東京海上日動が受賞した、ファミリー・フレンドリー企業部門の
「厚生労働大臣優良賞」は、仕事と育児・介護が両立できる様々な制度を持ち、
多様でかつ柔軟な働き方を労働者が選択できるような取り組みを推進している
企業に授与されるというものです。


東京海上日動社が受賞した理由として、次のことが挙げられています。

(貔保護から育児支援までの制度をまとめ、
▲ぅ鵐肇薀優奪氾を活用することにより周知し、
5拔帆宛紊鯆未靴浸抉腓魴兮海靴討い

上記3点は具体的には・・・

2006年度より「休職前」・「休職中」・「復職後」の全てにわたり最大限就業継続
を支援する制度「育児フルサポート8つのパッケージ」を導入し運用しています。

また、配偶者の転居転勤時に帯同して転居先で勤務を続けることができる
「Iターン制度」や、長時間労働を削減し社員が主体的に勤務時間をコントロール
するための時間管理ルールなどを整備しています。


子育て中の社員同士のコミュニケーションを保ち、「仕事と育児の両立」を意識
する場として、制度利用者を対象としたセミナー「すくすく会」・「カンガルー会」
を毎年開催するなどの取り組みも実施し、次世代育成支援対策推進法に基づく認定
(くるみん)を継続して取得しています。


東京海上日動は、金融業界の中で、女性活躍に必要なインフラ整備が最も進んでいる
企業です。その同社が目指す先はどこにあるのでしょうか。

同社HPには、

「社員一人ひとりが自律的にキャリアを構築し、より広いフィールドで活躍できる
よう様々な機会やチャレンジの場を提供するとともに、サポート体制や制度を整備
しています。」

「その中でも主体的にキャリアアップを目指す女性社員を応援し、更なる活躍推進を
目指す姿勢を明確にするため、 屮ャリアアップを推進する制度」、◆屮泪ぅ鵐
アップ・スキルアップを支援する仕組み」、「柔軟な働き方を支える制度」など、
活躍推進策全体を「きらり☆キャリアアップ応援制度」としてまとめています」

「今後も、「仕事と育児・介護との両立を支援する取り組み」に加え、「女性労働者
の能力発揮を促進するための積極的な取り組み」についてもより一層推進し、内容
の充実に努めてまいります。


 女性のキャリアアップは、政治・社会ともに認めているため、上記のような取組に
対して異議を唱える人はいないと思われますが、総論賛成・各論反対として、
いざ具体的なことをやろうとすると、遅々として進まないケースもあります。

また、自社の女性社員の働き方を考える必要があるのに、常に横(他社)睨みを
つづけ、他社動向を伺っている企業も多数存在すると思います。

女性が働きやすい環境を整備することは急務であり、経営トップの率先垂範が
求められているのではないでしょうか。

この点、東京海上日動は、リーディングカンパニーとしての責務を果たしていると
考えられますね。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!」では、損保会社特集が終了したこととに伴い、今週から1週間分の業界ニュースをピックアップした「まるごと損保業界ニュース」をはじめました。
多忙を極めて新聞・雑誌等を読む時間のない方にオススメします。