■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
「日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!」(サンプル)
「東京海上」解体新書 (サンプル)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「損保業界」と「発展途上国」を結ぶ会の事務局です。

__________________________
  今日のテーマは 東京海上日動の「地球温暖化防止活動 環境大臣表彰」 です
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

東京海上日動の「地球温暖化防止活動 環境大臣表彰」についてです。


東京海上日動は、1999 年より実施している「マングローブ植林活動」の取組みにおいて、
「平成25 年度地球温暖化防止活動 環境大臣表彰(国際貢献部門)(※)」を受賞しました。

(※)「地球温暖化防止活動 環境大臣表彰」は、環境省が地球温暖化対策を推進するため
    の一環として、毎年地球温暖化防止月間である12 月に、地球温暖化防止に顕著
    な功績のあった個人又は団体に対し、その功績を表彰する制度です。


東海日動は1999年よりNGOと連携したマングローブ植林活動を継続しており、2013年3月末
までに東南アジア6カ国、南アジア2カ国、フィジーの計9カ国で約7,993ha(100m道路で、
東京から岡山までの距離に相当する面積)を植林してきました。


また、2009年からは「Green Gift」プロジェクトを展開し、「ご契約のしおり(約款)」を
冊子ではなく、ホームページ上でWEB約款を選択した場は合、紙資源の使用量削減額の一部を
マングローブ植林に寄付する取組みを開始しています。

2013年10月からは、寄付の対象を国内の環境保護活動にも拡大しています。


https://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=23384&hou_id=17440


環境省は、平成10年度から、地球温暖化対策を推進するための一環として、毎年、地球
温暖化防止月間である12月に、地球温暖化防止に顕著な功績のあった個人又は団体に対して、
地球温暖化防止活動環境大臣表彰を行っています。

平成25年度は、以下の5部門において募集し、受賞者は45件となっています。
なお、損保では、日本興亜損保も受賞しています。

CSR活動は、重要な取り組みであるものの、消費者からはその活動自体がなかなか
認知されない、されづらいものです。地道な取り組みを推奨するためにも国がこのような
形で支援していくことが大切なのではないでしょうか・・・。


(部門)
 技術開発・製品化部門
 対策技術先進導入部門
 対策活動実践・普及部門
 環境教育活動部門
 国際貢献部門


○技術開発・製品化部門

 株式会社アマダ
 株式会社NTTファシリティーズ
 株式会社竹中工務店
 株式会社竹中工務店、株式会社神鋼環境ソリューション〈2者共同〉
 東海旅客鉄道株式会社
 東芝エレベータ株式会社
 東芝キヤリア株式会社
 株式会社深井製作所
 富士通株式会社

○対策技術先進導入部門
 
 清水建設株式会社
 学校法人東京電機大学
 浜松ホトニクス株式会社
 本田技研工業株式会社 埼玉製作所
 株式会社ローソン

○対策活動実践・普及部門

 NPO地域づくり工房
 温暖化防止ながれやま
 岐阜市地球温暖化対策推進委員会
 京セラ株式会社 鹿児島川内工場
 ぐるっ都地球温暖化対策地域協議会、特定非営利活動法人エコロジー
 夢企画〈2者共同〉
 公益社団法人国際観光施設協会
 後藤 昌弘
 コニカミノルタ株式会社及びその生産グループ会社
 自然と未来株式会社
 大成建設株式会社 
 徳島カーボン・オフセット推進協議会
 那須温泉地球温暖化対策地域協議会
 奈良市地球温暖化対策地域協議会
 日本興亜損害保険株式会社
 日本マイクロソフト株式会社
 株式会社ファンケル
 湯原町旅館協同組合
 横浜市戸塚区川上地区連合町内会

○環境教育活動部門
 昭島市立拝島第二小学校
 株式会社アドバコム 
 飯尾 美行
 特定非営利活動法人えどがわエコセンター
 特定非営利活動法人環境21の会
 キリンビール株式会社横浜工場
 原 育美
 農業生産法人有限会社FRUSIC
 山本 悦子
 横浜市資源リサイクル事業協同組合   

○国際貢献部門
 カネパッケージ株式会社
 東京海上日動火災保険株式会社
 公益社団法人日本マレーシア協会


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!」では、損保会社特集が終了したこととに伴い、今週から1週間分の業界ニュースをピックアップした「まるごと損保業界ニュース」をはじめました。
多忙を極めて新聞・雑誌等を読む時間のない方にオススメします。