■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
「日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!」(サンプル)
「東京海上」解体新書 (サンプル)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「損保業界」と「発展途上国」を結ぶ会の事務局です。

__________________________________
  今日のテーマは 東京海上日動の「防災サイト」です
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

東京海上日動の「防災サイト」についてです。


日本はその地学的環境から、地震、津波、火山噴火、地すべり、風水害、雪氷災害など、
自然災害の多い国というのは自明ですが、とくに2011年3月11日に発生した東日本大震災
では、2万人近い死者・行方不明者を生じるという未曽有の大災害になってしまいました。

つまり、自然災害による被害を軽減することは日本とって最重要な政策課題の一つである
のですが、東京海上日動は、東北大学の研究組織「東北大学災害科学国際研究所 寄附
研究部門(地震津波リスク研究部門)」に監修してもらった『あしたの笑顔のために
〜防災・減災情報サイト〜』(以下「防災サイト」)3 月5 日より同社のHP内に開設
します。


この「防災サイト」では地震や津波等、様々な自然災害の発生メカニズムや、災害が
発生した際に必要な行動、発生する前に準備しておくべきこと等を分かり易く紹介する
そうです。


東京海上日動としては、この「防災サイト」は、誰でも利用が可能なため、多くの方に
自然災害への対応を考えるきっかけ作り等に使用してもらうことができると期待して
います。


このサイトの詳細は次のとおりです。


○「防災サイト」の概要

 .汽ぅ般勝А悗△靴燭両亟蕕里燭瓩 〜防災・減災情報サイト〜』

 ■妝劭 :http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/protect/egao/

 3設日 :3 月5 日13 時より利用可能。

 

○「防災サイト」で出来ること


 〆匈牡霑鍛亮韻粒惱
 「地震」「津波」「台風」「竜巻・集中豪雨」の4つのカテゴリー毎に、災害の
  メカニズムと被害事例、災害が発生した際に必要な行動の解説。


 ∈匈欧悗糧え
 日頃から準備しておくべきことについて、家庭で考える際に有用な情報を紹介。
 具体的には、防災用品を準備するために便利な「防災チェックシート」や、
 自宅で何日分の食糧が準備出来ているかを簡単に計算できる「非常食簡易計算
 ツール」を用意。


 災害被害を減らすためのヒント
 万一、災害が発生した際には、「被害を最小限に抑えること」、「周囲の人と
 助け合い災害を乗り越えていくこと」に関するヒントの紹介。


 げ搬欧燃惱
 家族で活用できるよう、クイズ形式の「安心家の防災道場」や、災害時の身の
 回りに潜む危険をシチュエーション別に学べる「防災まち歩きシミュレーション
 (本コンテンツは4 月公開予定)」を用意。


このようなサイトは他の損害保険会社では提供していませんが、自治体ほか、公共
団体が同種のサイトを運営していますのでご紹介します。


○千葉県の防災サイト
http://www.bousai.pref.chiba.lg.jp/portal/


○地震に役立つ知識
http://www.bousai.pref.chiba.lg.jp/portal/


○九州防災ポータルサイト
http://www.qsr.mlit.go.jp/bousai_joho/kyusyubosai/


○地震情報サイト
http://j-jis.com/


○東京都防災ホームページ
http://www.bousai.metro.tokyo.jp/


○広島県防災WEB
http://www.bousai.pref.hiroshima.jp/hdis/


○防災科学技術研究所
http://www.bosai.go.jp/



この中で、学術的にも、情報量的にも群を抜いているのが、防災科学技術研究所
のHPでしょうか。さすがに同研究所の目標と理念が崇高すぎるので、この充実度
には納得です。


【参考】独立行政法人 防災科学技術研究所の基本目標と理念

**************************************
基本目標 : 災害に強い社会の実現
**************************************

すべての人々が安全で平和に暮らせる社会を創ることは、人類共通の願いです。
そのような暮らしを脅かす災害から人命を守り、災害に強い社会を実現する
ための科学技術を発展させることが,私たちに託された使命です。

私たち防災科研にはたらくすべての者は,自らの使命と社会への責任を常に
自覚し、防災科学技術の研究開発を通して災害に強い社会の実現に貢献すべく
以下の5つの理念を共有して行動することを宣言します。


理念1 : 社会への貢献
******************************************************************
私たちは,さまざまな自然災害と,それを引き起こす諸要因の
把握と理解に努め,災害軽減という国の政策課題に対し、
科学技術を基礎とした解決方法を提案します。


理念2 : 広範なる連携
******************************************************************
私たちは,一人ひとりの専門分野を超えて,研究所内の各組織、
および地域から国際社会にわたるさまざまな外部機関との
連携に努め,防災に係る科学技術の発展を図ります。


理念3 : 透明性の向上
******************************************************************
私たちは、情報公開に積極的に取り組み,自らの判断について
説明責任を果たしていくことによって、国民からの
信頼に応えるよう全力を尽くします。


理念4 : たゆまぬ研鑽
******************************************************************
私たちは、業務の有効性・効率性を常に点検しつつ、自己の
資質向上や能力アップに努めるとともに,職場環境の
改善について不断の努力を払います。


理念5 : 諸規範の遵守
******************************************************************
私たちは、法令や関係規則を遵守し、高い倫理観を保持する
ことにより,不正な行為を許さない健全で公正な
風土の醸成に努めます。


東京海上日動も経営理念で標榜している

「良き企業市民として、地球環境保護、人権尊重、コンプライアンス、
社会貢献等の社会的責任を果たし、広く地域・社会に貢献します。」

に忠実に行動している結果が、上記のようなサイトを作ることになった
のでしょうか。他の損保会社にも見習ってもらいたいものです。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!」では、損保会社特集が終了したこととに伴い、今週から1週間分の業界ニュースをピックアップした「まるごと損保業界ニュース」をはじめました。
多忙を極めて新聞・雑誌等を読む時間のない方にオススメします。