■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
「日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!」(サンプル)
「東京海上」解体新書 (サンプル)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「損保業界」と「発展途上国」を結ぶ会の事務局です。

__________________________________
  今日のテーマは 東京海上の 「世界で最も倫理的な企業2012」です
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

東京海上の「世界で最も倫理的な企業2012」についてです。


「2012 World's Most Ethical Companies-世界で最も倫理的な企業2012」
の選定について

東京海上ホールディングスは、米国のシンクタンク「エシスフィア・イン
スティテュート社が選定する「2012 World's Most Ethical Companies -
世界で最も倫理的な企業2012」に選出されました。

今回の選出では、「Green Gift プロジェクト」や「マングローブ植林プロ
ジェクト」等による地球環境保護・生物多様性保全の取組みが評価されたと
のことです。


「Green Gift プロジェクト」は、「ご契約のしおり(約款)」の受領方法
について、冊子(紙)ではなくホームページによる閲覧(Web 約款)を選択
することを推奨し、選択した契約1 件につき、マングローブ2 本分の植林
に相当する金額をNGO 等に寄付するプロジェクトです。


「マングローブ植林プロジェクト」は創立120 周年記念事業の一つとして
1999 年にマングローブ植林事業を開始し、2011 年3 月末までに、東南
アジア・インド・南太平洋フィジーの計7 ヶ国で6,824 ヘクタール(東京
ドーム約1,459 個分)の植林をするプロジェクトです。

2011年度では、日本からは損保ジャパンのみ選出されていましたが、
今回は東京海上も選ばれましたので、日本の損害保険業界にとっても大変
名誉なことです。

(2011年度)
http://www.ethisphere.com/past-wme-honorees/wme2011/

(2012年度)
http://ethisphere.com/wme


「世界で最も倫理的な企業2012」の概要ですが、


●選定方法は・・・

企業倫理やCSR を専門とする米国のシンクタンク「エシスフィア社」が
 全世界100 を超える国の 36 業種を対象とした調査に基づき選定します。
 本調査は2007 年から毎年実施されています。


●評価項目は・・・

”照宗Τ弯契・リーダーシップ
 内部統制、
 コンプライアンス・企業倫理に関わるプログラム
 ご覿箸了毀嘘萋阿CSR に関する取組み


●選出企業数
今回は145 社が選出され、その中で日本企業は6 社でした。
 (損保ジャパン、日本郵船、花王など)



そして、前述にもありますが、東京海上グループが「世界で最も倫理的な企業2012」
に選出された主なポイントとしては・・・

 ‥豕海上日動が「Green Gift プロジェクト」等を展開するとともに、「環境
  配慮型の金融商品・サービス」を提供していること。

 東京海上日動が「マングローブ林によるCO2 吸収・固定効果」等で2009 年度・
  2010 年度の国内の事業活動においてカーボン・ニュートラルを実現していること。

  E豕海上グループが、1999 年から「地球の未来にかける保険」と銘打ち、
   東南アジア・インド・南太平洋フィジーでの「マングローブ植林プロジェクト」
   を展開し、地球環境保護・生物多様性保全に取り組んでいること。


上記東京海上グループのCSR 活動の詳細は「e-CSR 報告書2011」で確認できますが、
2010年度でも上記は実施していたはずですから2011年の「世界で最も倫理的な企業2011」
に選ばれても良かったのではないでしょうか???
http://www.tokiomarinehd.com/social_respon/index.html


とはいうものの、過去はどうあれ、将来に向けて継続的に選出されることが重要です。
現状に満足することなく、日々改善、改良、向上を目指して、東京海上グループに
業界を牽引してもらいたいですね。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!」では、損保会社特集が終了したこととに伴い、今週から1週間分の業界ニュースをピックアップした「まるごと損保業界ニュース」をはじめました。
多忙を極めて新聞・雑誌等を読む時間のない方にオススメします。