■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
「日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!」(サンプル)
「東京海上」解体新書 (サンプル)
【20代向け】厳選ビジネス書マラソン(サンプル)
【立身出世を目指す方向け】厳選ビジネス書マラソン(サンプル)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「損保業界」と「発展途上国」を結ぶ会の事務局です。

__________________________________
  今日のテーマは 東京海上日動の業界初もの です
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

東京海上日動の「業界初もの」についてです。

昨今の東京海上日動の業界初ものとしては、ドコモとのタイアップ商品である
「ワンタイム保険」が代表的な事例です。

一昔前であれば、「超保険」という保険業界の常識を覆すことに挑戦した商品
もその一つにあげられます。

損保業界の合従連衡が進むにつれ、損保ジャパンや三井住友海上も規模を拡大
し、資金力をつけてきたこともあり、各社が競って「業界初もの」をリリース
しています。

昔は東京海上が業界初のシステムや商品を開発し、常に業界をリードしてきま
したが、最近では大手他社が各社の強みを生かし、各分野で業界初ものを開発
し、オンリーワン戦略のもと、業界リードの一翼を担っている構造に変わり
つつあるのではないのでしょうか。


そこで、今回は、昔懐かしい旧東京海上の業界初ものについて回顧しています。


●ポケットコンタクトシステムの開発

2000年12月、携帯電話を活用して代理店を支援する「ポケットコンタクト
システム」を、保険業界で初めて開発。
本システムの契約内容確認・自動車保険料試算の機能により、代理店は外出先
でも迅速できめ細やかなサービスをご提供することが可能となった。
また、事故内容通知の機能により、契約者から東京海上に連絡された事故の報告
を即座に代理店の携帯電話に通知することで、代理店と保険会社が一体となって
迅速な損害サービスの提供が図れるという案件。


●e−リスク保険を開発・発売

IT・e−ビジネスに特有のリスク(e−リスク)を補償する新保険「e−リスク保険」
を業界で初めて開発し、2000年6月に発売。
本商品は、IT関連技術の進展やe−コマースの普及・ネット関連企業の急成長を背景
にe−リスクに対応すべく開発したもので、ネット関連事業者のホームページ改ざん
対応費用などを補償する「e−RiskSolution」と、一般企業のコンピュータウイルス
による被害などを補償する「e−クリック」の2商品で構成。


●東京海上レディーガードを開発・発売

綜合警備保障(株)との提携により、ストーカー被害に遭った場合に各種ストーカー
対策サービス(ストーカー被害の証拠収集、行為者の確認など)をご提供するとともに、
その費用を保険金で支払う女性専用傷害保険「東京海上レディーガード」を日本で
初めて開発し、2001年1月に発売。本商品は、上記ストーカー対応費用のほか、
ケガ(顔面倍額補償および第三者加害行為倍額補償)・賠償責任・携行品損害といった、
女性をとりまくリスクを総合的に補償する画期的な商品となった。


●インターネットを利用した外航貨物海上保険の通知システム

インターネットを利用した外航貨物海上保険の通知システムである「カーゴサイト」
を2001年9月に業界で初めて開発。本システムでは、輸送額通知から証券類の発行、
保険料明細の案内までの事務を専用のWeb-Site上で完結でき、大幅な契約手続き
の簡素化と時間短縮を実現。2000年11月からは、英語バージョンのリリースを
行い、海外の契約者ニーズに応える対応を実施。


●「東京海上なっとく401kTM総合型規約」

日本で初めて開発した画期的な401k年金規約。高品質なオーダーメイドサービスを
簡便な手続きと低廉なコストで提供できることから、多くの契約者に指示された商品。
そのため、トップクラスの受託実績をあげた。


●新型自動車盗難防止システムを開発

2001年5月、オムロン(株)と共同で新型自動車盗難防止システムを開発。
本システムは、様々な新機能を搭載する一方で出来るだけ価格を抑え、普及を最優先
したもの。当時、急増している自動車盗難は、海外リセールを主目的とした専門的・
組織的犯罪に変容しつつあり、契約者の安心を確保するため、自動車保険を通した
補償提供だけではなく、この盗難問題そのものに能動的に取り組む必要があると考え
日本初の試みとして保険会社自らが情報機器メーカーとの共同開発に踏み切った案件。



上記以外でも、人身傷害保険特約、等級プロテクト、リスク細分型自動車保険や前述
した超保険など、様々な商品開発を業界先んじて実施してきました。


東京海上日動には、業界初ものにこだわるDNAやそれを支える頭脳集団が多くいる
だけに、他社に先駆けた商品、システム開発、マーケティング戦略を実践していくの
でしょう。今後も期待したいと思います。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!」では、損保会社特集が終了したこととに伴い、今週から1週間分の業界ニュースをピックアップした「まるごと損保業界ニュース」をはじめました。
多忙を極めて新聞・雑誌等を読む時間のない方にオススメします。

興味がある方はこちらからお申し込みください
メルマガサンプルはこちらです
メルマガ読者の感想はこちらです
バックナンバーはこちらです