■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
「日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!」(サンプル)
「東京海上」解体新書 (サンプル)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

沖縄県の尖閣諸島の領有権をめぐり、1982年に
鈴木善幸首相(当時)が、来日したサッチャー英首相(同)
との首脳会談で、中国との間で問題を実質的に棚上げ
している、という趣旨の説明をしていたようです。

両首脳のやりとりを記録した文書を、英公文書館が
12月30日付で機密解除したという報道がありました。


文書によると、鈴木氏は尖閣問題について、
「両国政府は大きな共通利益に基づいて協力し、
細部の違いは脇に置くべきだとの結論に容易
に達した」と説明していたようです。

また、「具体的に問題化することなしに現状維持で合意し、
問題は実質的に棚上げされた」とも語ったされています。


国という大きな枠組みでの、機密事項は、沖縄返還問題
のように、あらゆる局面で存在するのではないでしょうか。


邪推ですが、企業レベルでも同様の機密事項があると
思います。


たとえば、ミレアホールディングスから、東京海上ホール
ディングスへの名称変更。。。

東京海上と日動火災の合併基本合意書などに、その根拠
が記されていたのかもしれませんが、該当する文言について
は、企業のトップ同士で取り決めたのかもしれません。
(何かと何かをバーター取引するような形で)

公には残らないため、「不自然なことが自然に思えること」は
実は、権力者間の口頭約束で取り決められているのかも
しれません。。。