■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
「日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!」(サンプル)
「東京海上」解体新書 (サンプル)
【20代向け】厳選ビジネス書マラソン(サンプル)
【立身出世を目指す方向け】厳選ビジネス書マラソン(サンプル)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「損保業界」と「発展途上国」を結ぶ会の事務局です。

__________________________
  今日のテーマは 東京海上のIR活動 です
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

東京海上のIR活動についてです。

まず、IRについて正しい理解をすることが、東京海上の活動を評価するうえで
重要なことです。
IR(Investor Relations)とは、投資家向けの広報活動です。有価証券報告書など、
制度で義務付けられているものを開示するディスクロージャーと違い、企業が自主的に
に行なう情報提供活動です。
IR活動の内容としては、決算や事業に関する説明会の開催、年次報告書等の資料作成、
ホームページ上の情報開示などがあります。対象者別のIRの具体的手段は以下のとおり
です。

【アナリスト・ファンドマネージャー】
 ・決算説明会
 ・スモールミーティング
 ・物件・施設見学会
 ・個別訪問の受け入れ
 ・テレフォン・コンファレンス
 ・ファクトブック
 ・アニュアルレポート
 ・HPにおけるIRサイト

【個人投資家】
 ・個人投資家向けラージミーティング
 ・事業報告書
 ・HPにおけるIRサイト

【ジャーナリスト】
 ・決算説明会
 ・個別訪問の受け入れ
 ・ファクトブック
 ・アニュアルレポート
 ・HPにおけるIRサイト

【証券会社】
 ・決算説明会
 ・物件・施設見学会
 ・個別訪問の受け入れ
 ・HPにおけるIRサイト

【金融機関・債券格付け機関】
 ・決算説明会
 ・個別訪問の受け入れ
 ・ファクトブック
 ・アニュアルレポート
 ・HPにおけるIRサイト

(※東京海上は上記手段を全て実行していると思われます)

以前は投資家や証券アナリストを対象としたIR活動が中心でしたが、昨今、増加する
個人投資家向けのIR活動も増えてきています。 IR活動の目的は企業の証券が公正な
価値評価を受けることで、これにより資金調達につなげたり、投資家をはじめとする
ステークホルダーとの良好な関係を構築したりすることができます。株主や投資家に
とっては、企業から投資判断に必要な企業情報を得て、効率よく情報を集めることが
できるというメリットがあります。

これらをMBA流にいうと、以下のようになります。

「IRとは、企業財務、コミュニケーション、マーケティング及び証取法の遵守を統合
 して、会社と金融コミュニティおよびその他の利害関係者との間に最も効果的な双方向
 のコミュニケーションが行われるようにすることにより、究極において会社の有価証券
 が公正に評価されることであり、戦略的立場である経営者が責任を負うことがらである。」


企業の株式等の有価証券を評価、購入してもらうための双方向型のコミュニケーションが
IR活動ですが、これを活発化させている背景としては・・・


 ・株主価値の増大を重視した経営のシフト
 ・コーポレートガバナンス(企業統治)の強化・再構築
 ・IRとPRを掛け合わせたコーポレートブランドの活用
 ・CSR、企業ポリシーの明確化とコンプライアンスの厳格化
 ・開かれた(対話型の)株主総会
 ・敵対的買収防衛

などがあります。


話は変わりますが、東京海上の現在(4/22)の株価は2,267円です。
これに対して、MS&ADは1,852円。企業規模はMS&ADが上ですが、利益は
東京海上が上です。利益が出る会社が評価されることが定石ではあるものの、
この約400円の差はどこからくるのでしょうか。やはり、投資家等のステイクホルダー
との双方向型コミュニケーションが一因なのでしょう。

ステイクホルダーを代表する「アナリスト」は以下の方々です(敬称略)。

大野 東(クレディ・スイス証券株式会社)
岡本 光正 (メリルリンチ日本証券株式会社)
葛西 誠 シティグループ証券株式会社)
国重 希 三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社)
塩田 淳 (大和証券キャピタル・マーケッツ株式会社)
呉 世媛 (HSBC証券会社)
辻野 菜摘 (J.P.モルガン証券会社)
丹羽 孝一 (みずほ証券株式会社)
伴 英康 (モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社)
摩嶋 竜生 (株式会社東海東京調査センター)
三好 孝規 (ゴールドマン・サックス証券株式会社)
村木 正雄 (ドイツ証券株式会社)

金融株を評価するアナリストからの高い評価をどう導き出すか、これはIR活動の肝に
なるのではないでしょうか。

また、株主にとっては、株価の上昇以外に重要なものとして、配当金があります。
配当金の多寡を示す指標として「配当性向」がありますが、東京海上は年々配当性向を
高めています。これも株価を業界の中で相対的に高いポジションに位置づけている理由
になっているかもしれません。

配当金・配当性向についてはこちらでご確認ください。
http://ir.tokiomarinehd.com/ja/ReturnToShareholders.html


なお、投資家向けのイベントとして最も重要なイベントが株主総会ですが、今年の
株主総会は、平成23年6月27日午前10時です。
(場所はANAインターコンチネンタルホテル東京)

明治安田生命、三菱東京UFJ、モクスレイ・アンド・カンパニーなどの大株主をはじめ、
個人投資家が多く集う、年1回のイベントです。今年は地震保険金の支払状況や今後の
営業戦略などに質問が集中することになるのでしょうが、東京海上の株主総会は一部ですが
動画で確認できます。

(昨年度の株主総会の事業報告動画はこちらです)
http://www.net-ir.ne.jp/e-pre/8766sp1006/index.html

(株主総会のプレゼンテーション資料はこちらです)
http://ir.tokiomarinehd.com/ja/ShareholdersMeeting/AccountsAnnounceColl/00/links/05/PDFile/100628presentation.pdf


6月27日の株主総会終了後、東京海上のHPで株主総会の概要が確認できますので、
是非、6月末に同社HPを確認してください。

また、2011年度のIR活動スケジュールです。

5月19日 決算発表、決算IR電話会議
6月1日  IR説明会
6月27日 株主総会
8月 第1四半期決算発表、第1四半期決算IR電話会議
9月   個人投資家説明会
11月  第2四半期決算発表、第2四半期決算IR電話会議
12月   IR説明会
2月  第3四半期決算発表、第3四半期決算IR電話会議

IR活動を下支えする広報部はじめ、資料作成に奔走する本社関係各部の努力があって
成り立つIR活動ですが、同社の株価を高い水準に保つために必要な業務です。
また、投資家にとっても重要な情報源となりますので、引き続き、適時適切な情報開示を
東京海上には求めたいものです。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!」では、損保会社特集が終了したこととに伴い、今週から1週間分の業界ニュースをピックアップした「まるごと損保業界ニュース」をはじめました。
多忙を極めて新聞・雑誌等を読む時間のない方にオススメします。

興味がある方はこちらからお申し込みください
メルマガサンプルはこちらです
メルマガ読者の感想はこちらです
バックナンバーはこちらです