■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
「日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!」(サンプル)
「東京海上」解体新書 (サンプル)
【20代向け】厳選ビジネス書マラソン(サンプル)
【立身出世を目指す方向け】厳選ビジネス書マラソン(サンプル)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「損保業界」と「発展途上国」を結ぶ会の事務局です。

__________________________________
  今日のテーマは 東京海上の2011年度事業計画 です
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

東京海上の2011年度事業計画についてです。

東京海上HDの2011年度事業計画が発表されました。
http://ir.tokiomarinehd.com/ja/IRPresentation/2011/IndexContent/01/IndexContent/IndexLink/pdf1/Tokio%20Marine%20Group%20FY2010%20Business%20Plan.pdf

2010年度実績は、国内損害保険事業で東日本大震災が発生したことや、海外保険事業で
ニュージーランド地震が発生したことなどにより、グループ合計で720億円でした。

他方、2011年度は、グループ合計で1,280億円の修正利益を目指しています。
国内損害保険事業、国内生命保険事業、海外保険事業は、平年並みの損害発生を見込み、
金融市場が2010年度末の状態であることを前提として以下利益を目標としています。

国内損害保険事業 350億円
国内生命保険事業 380億円
海外保険事業   520億円 
金融・一般事業  30億円

詳細はこちらでご確認ください。
http://ir.tokiomarinehd.com/ja/NewsRelease/NewsRelease990332436784470220.html


収益計画を見ての所感は・・・

○主力事業である東京海上日動社の賞味保険料収入は前年比ほぼ横ばい
  (逆に、日新火災が増収している)

○海外事業は、生保事業を除き、大幅な増収はしていない。
  (生保事業は350億円も増収していますが、新規のM&Aでもあるのでしょうか)


東京海上日動社は、11年度から明治安田生命との提携が始まります。
今まで明治安田生命は日本興亜損保の商品を扱っていましたが、これが東京海上日動
に切り替わるというもの。また、11年7月→12年1月に延期となりましたが、
自動車保険の料率改定もあります。そして、超保険の推進(計画では約40億円増収)
もあります。また自動車生産の後退により自動車保険の減収が一定発生すると思いますが、
復興需要もあります。

これら好材料があるにもかかわらず、東京海上日動は3億円の増収しか見込んでいない
というのは、相当保守的に計画を策定しているか、または、これらの増収を打ち消してしまう
減収要素を抱えているか、のどちらかでしょうか。

事業計画では、種目別に以下の大まかなコメントがありますが、建前的なものでしょうか・・・。


火災:抜本超保険の契約増加による増収を見込む一方、家計地震における民間の保有責任額
   引き下げに伴う減収によりほぼ横ばいを見込む

海上:東日本大震災の影響による物流環境の悪化等を見込むことにより▲1.3%減収

傷害:長期第三分野の初満期到来により発生する無事故戻しの影響等を見込み▲2.2%減収

自動車:東日本大震災の影響等により▲0.5%減収

その他:前期における一時的な契約の反動減を主因として▲1.3%の減収

(これ以上言及すると、憶測・推測が、うわさとなり、風評を生みますので、これくらいに)


東京海上日動は、主力販売チャネルにおける超保険化と成長戦略に関して以下の実行策を
標榜しています。

1.商品優位性を活用した新規契約の拡大
2.超保険移行による契約維持率向上
3.コンサルティング進展による補償拡充
4.超保険・TNet等を活用した販売基盤新設の推進

そして、収益力強化の観点から2009年度、2010年度に0に実施した商品・料率改定
効果が継続的に発現することを見据え、約140億円の収益改善効果を見込んでいます。
ほかにも、震災対応関連コストや業務革新プロジェクト以外のITコスト増加による物件費率の上昇を
見込む一方で、人件費率および手数料率の低下により約40億円のコスト削減も視野に
入れています。

多角的に、ローカル、グローバルに戦術を講じ、他の2メガ損保の追撃を許さない、圧倒的な
事業計画にて、世界を代表する企業体となることができるのでしょうか。
今後の活躍が楽しみです。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!」では、損保会社特集が終了したこととに伴い、今週から1週間分の業界ニュースをピックアップした「まるごと損保業界ニュース」をはじめました。
多忙を極めて新聞・雑誌等を読む時間のない方にオススメします。

興味がある方はこちらからお申し込みください
メルマガサンプルはこちらです
メルマガ読者の感想はこちらです
バックナンバーはこちらです