■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
「日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!」(サンプル)
「東京海上」解体新書 (サンプル)
【20代向け】厳選ビジネス書マラソン(サンプル)
【立身出世を目指す方向け】厳選ビジネス書マラソン(サンプル)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「損保業界」と「発展途上国」を結ぶ会の事務局です。

____________________
  今日のテーマは、東京海上の社長 です
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

東京海上の社長になるには、その実力以上に、運が必要だと思います。
ただし、その一度限りの運ではなく、数々の運の積み重ねとその都度、その運を最大限利用し、
最高のパフォーマンスを発揮してはじめて、東京海上のトップというポジションにつけるのだ
と思います。

就職偏差値で言えば、70を超える、いわば、開成高校や麻布高校なみの偏差値が、東京海上
への入社には必要ですが、その高偏差値集団の中で、ひときわ目立つ存在になるには、運を
呼び寄せるための努力も必要なのでしょう。

さて、ここ最近の歴代社長をのプロフィールを見てみます。


2代前の樋口公啓(ひぐち・こうけい)さんは・・・
--------------------------------------------------------------------------------
【生年月日】昭和11年3月14日
--------------------------------------------------------------------------------
【出身地】鳥取県米子市
--------------------------------------------------------------------------------
【学歴】鳥取県立米子東高等学校卒業
昭和35年3月31日慶應義塾大学経済学部卒業
平成17年慶應義塾大学大学院経済学研究科修士課程修了
平成20年慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程(在学中)
--------------------------------------------------------------------------------
【経歴】
昭和11年3月14日生
鳥取県立米子東高等学校を経て
昭和35年3月31日慶應義塾大学経済学部卒業
昭和35年4月1日東京海上火災保険(現東京海上日動火災保険)入社
昭和59年7月19日同社名古屋支店営業第一部長
昭和62年6月26日同社本店営業第二部長
平成元年6月29日同社取締役自動車営業推進部長
平成2年6月1日同社取締役自動車営業開発部長
平成3年8月1日同社常務取締役名古屋支店長
平成5年6月29日同社常務取締役
平成7年6月29日同社専務取締役
平成8年6月27日同社取締役社長
平成10年6月三菱商事蟯萄彩
平成10年6月日本空港ビルデング蟯萄彩
平成12年9月蠅△ぞら銀行取締役
平成13年6月東京海上火災保険(現東京海上日動火災保険)代表取締役会長
平成14年4月螢潺譽▲曄璽襯妊ングス(現東京海上ホールディングス)取締役
平成14年6月東京海上火災保険(現東京海上日動火災保険)取締役会長
平成15年6月東京海上火災保険(現東京海上日動火災保険)相談役
平成15年6月本田技研工業蟯萄彩
平成16年6月第一製薬蟯萄彩
平成16年10月東京海上日動火災保険蠢蠱面
平成17年慶應義塾大学大学院経済学研究科修士課程修了
平成17年9月第一三共蟯萄彩
平成20年6月能美防災蠎萃役
平成20年慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程(在学中)
--------------------------------------------------------------------------------


1代前の石原 邦夫(いしはら・くにお)さんは・・・
--------------------------------------------------------------------------------
【生年月日】昭和18年10月17日
--------------------------------------------------------------------------------
【出身地】東京都
--------------------------------------------------------------------------------
【学歴】千代田区立麹町小、同麹町中、都立日比谷高校卒業。
    昭和41年東京大学法学部卒業
--------------------------------------------------------------------------------
【経歴】
昭和18年10月17日旧満州鉱山勤務の父・紫朗と母・さちの一人っ子として旧満州・新京市
=現・長春市に生まれる。千代田区立麹町小、同麹町中、都立日比谷高校卒業。

昭和41年東京大学法学部卒業
昭和41年4月東京海上火災保険蠧社
平成7年6月同社取締役北海道本部長
平成10年6月同社常務取締役北海道本部長
平成10年7月同社常務取締役北海道本部長(新機構)
平成11年6月同社常務取締役
平成12年6月同社専務取締役
平成13年6月同社代表取締役社長
平成14年4月螢潺譽▲曄璽襯妊ングス代表取締役社長
平成16年10月東京海上日動火災保険蠡緝充萃役社長
平成19年6月螢潺譽▲曄璽襯妊ングス取締役会長
平成19年6月東京海上日動火災保険蠎萃役会長
--------------------------------------------------------------------------------


現社長の隅修三(すみ・しゅうぞう)さんは・・・
--------------------------------------------------------------------------------
【生年月日】昭和22年7月11日
--------------------------------------------------------------------------------
【出身地】山口県
--------------------------------------------------------------------------------
【学歴】昭和45年3月早稲田大学理工学部卒業
--------------------------------------------------------------------------------
【経歴】
昭和22年7月11日生
昭和45年3月早稲田大学理工学部卒業
昭和45年4月1日東京海上火災保険(現東京海上日動火災保険)入社
平成7年6月29日同社本店営業第七部長
平成10年7月1日同社企業商品業務部長
平成12年6月29日同社取締役海外本部ロンドン首席駐在員
平成14年6月27日同社常務取締役
平成16年10月1日東京海上日動火災保険蠑鑢骸萃役
平成17年6月24日同社専務取締役
平成19年6月螢潺譽▲曄璽襯妊ングス代表取締役社長
平成19年6月東京海上日動火災保険蠡緝充萃役社長
--------------------------------------------------------------------------------

樋口氏は平成8年6月〜、石原氏は平成13年6月〜、隅氏は平成19年6月〜社長に就任
しています。5、6年のスパーンで社長が交代しているようです。また、時期社長は「専務」
が社長になるようで、平取や常務が大抜擢されることはないようです。

そうなると、時期社長交代の時期は、平成19年+5、6年=の平成24年か25年となり、
また、そのとき、専務の役職に就いている人が社長となるのでしょうか。
2、3年後に専務になる人は、今は、平の取締役の方でしょう。

3メガ体制に移行し、国内シェアでは3位に後塵を拝した東海日動社ですが、隅社長が、
今後の巻き返しのために「種まき」をし、時期社長がその芽を育てていくのでしょうか。


さて、少し話はそれますが、社長・島耕作のモデルが誰かご存知でしょうか。

実は、隅修三氏がそのモデルとなっていました。

(「島耕作」シリーズは、松下電産でサラリーマン経験のある作者弘兼憲史氏によって
 描かれています。この漫画はバブルや社内抗争、中国の経済的台頭等、それなりに社会状況
 を反映しながら連載をつづけています)

弘兼氏と隅氏は早稲田大学で同級生。島耕作は1947年生まれで、隅修三と生まれ年が一緒。
性が一文字、姓名で三文字も一緒。男前のビジュアルも同じ。女癖については不明ですが笑。


今後、「会長 島耕作」とか「相談役 島耕作」シリーズが出てくるのでしょうが、
これも平成24、25年あたりでしょうか。


今回は、第一号ということもあり、ソフトなタッチでメルマガ編集させていただいました。




■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!」では、損保会社特集が終了したこととに伴い、今週から1週間分の業界ニュースをピックアップした「まるごと損保業界ニュース」をはじめました。
多忙を極めて新聞・雑誌等を読む時間のない方にオススメします。

興味がある方はこちらからお申し込みください
メルマガサンプルはこちらです
メルマガ読者の感想はこちらです
バックナンバーはこちらです