■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
「日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!」(サンプル)
「東京海上」解体新書 (サンプル)
【20代向け】厳選ビジネス書マラソン(サンプル)
【立身出世を目指す方向け】厳選ビジネス書マラソン(サンプル)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

先日、産科医療補償制度の余剰金が多すぎる旨の記事が日経新聞に取り上げ
られていました。数年前、ニュースで「東京海上日動が商品認可をとった」と
取り上げられていましたので、引受保険会社は、東京海上日動なのでしょう。


「産科医療補償制度で余剰金280億円が行方不明」


このサイトで、医療制度研究会が6月9日に流した1通のリリースの中で、
こんなコメントが載っています。

「本制度の幹事保険会社・東京海上日動火災の経常利益に目を転じてみる。
 08年度は対前期比増減率―62.2%の約690億円だった。09年度には同111.7%
 の約1470億円、10年度は―1.1%の約1450億円と一気に跳ね上がり安定する。
 本制度にかかわる損保会社は東京海上日動を含め、全5社。それらが複雑に
 絡み合っているため、ますます金の動きはつかみにくくなる。

 損保会社の内情に詳しい医療者によれば、運用に回している可能性が高い
 という。民間企業ならば、当然の振る舞いだろう。公金が流れ流れて
 一私企業の利殖に使われるのか。」


波紋を呼びそうです・・・。

これが契機で、日経新聞に取り上げられたのでしょうね。。。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!」では、損保会社特集が終了したこととに伴い、今週から1週間分の業界ニュースをピックアップした「まるごと損保業界ニュース」をはじめました。
多忙を極めて新聞・雑誌等を読む時間のない方にオススメします。

興味がある方はこちらからお申し込みください
メルマガサンプルはこちらです
メルマガ読者の感想はこちらです
バックナンバーはこちらです