■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
「日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!」(サンプル)
「東京海上」解体新書 (サンプル)
【20代向け】厳選ビジネス書マラソン(サンプル)
【立身出世を目指す方向け】厳選ビジネス書マラソン(サンプル)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

自身が経営する会社や自身が帰属する企業の中期経営計画や向かう方向性に
ついては理解されている方が多いと思いますが、企業が活躍するフィールド
になっている「日本国」の向かっていく方向については、あまり関心がない
のではないでしょうか。

先般、「日本再生戦略」の原案が公表されました。
2020年までに環境や医療、観光など11の戦略分野で38の重点施策を掲げ、
630万人の雇用を創るという政権の目玉となる成長戦略です。

日本再生戦略の原案はこちら

詳細は↑を確認していただきたいのですが、国が目指すべき方向性を確認
するだけでも今後のビジネスチャンスや脅威に関して様々な仮説を立てる
ことができます。

たとえば、電気自動車の普及を促進させるようですが、電気自動車が増える
ということは、自動車販売店(カーディーラー)で同自動車を購入する
ことになります。

とすると、自動車販売店の営業マンからの「保険勧誘」頻度は高まるでしょう。
一方、自動車保険をはじめ各種保険では、非対面募集である「インターネット
募集」や「電話による募集」などが広まっています。

自動車保険の勧誘頻度が多くなる自動車販売店と、顧客接点が薄くなって
いる保険専業代理店とが自動車保険の顧客を奪い合う構図は、益々激化する
のではないでしょうか(多分、自動車販売店のほうが分があるような気が
します・・・)。


上記は、ビジネスに関する脅威の一例ですが、反対にチャンス(機会)も
あるはずです。医療分野への投資が盛んになれば、医療施設やその分野の
従業員の傷害・医療保険などのボリュームも増えるはずです。

将来志向で、国が進んでいく道を研究してみてはいかがでしょうか。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!」では、損保会社特集が終了したこととに伴い、今週から1週間分の業界ニュースをピックアップした「まるごと損保業界ニュース」をはじめました。
多忙を極めて新聞・雑誌等を読む時間のない方にオススメします。

興味がある方はこちらからお申し込みください
メルマガサンプルはこちらです
メルマガ読者の感想はこちらです
バックナンバーはこちらです