■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
「日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!」(サンプル)
「東京海上」解体新書 (サンプル)
【20代向け】厳選ビジネス書マラソン(サンプル)
【立身出世を目指す方向け】厳選ビジネス書マラソン(サンプル)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

エース損保が、賃貸住宅入居者の自殺・孤独死等により家主が被る家賃
収入減少等の損害を補償する「オーナーズ・セーフティ(家主費用・
利益保険)」の販売を開始しました。

2010年4月、専門業務事業者賠償責任保険「賃貸管理リスクガード」を
発売していたそうですが、この「賃貸管理リスクガード」は、入居者
の自殺、犯罪死、孤独死に際し、管理業者が家主に支払う見舞金費用
を補償するという、近年社会問題化する自殺、孤独死に対応する初の
保険商品だったそうです。

家主・管理業者各社からの強い要望にもとづき、家主に対し直接保険金
を支払う「オーナーズ・セーフティ」を開発するに至ったとのこと。

現代の社会問題に潜む賃貸管理業者や家主の不安を少しでも払拭する
ための損保商品です。

損害保険会社は、危険が発生する頻度、損害額の想定、そして、保険化
するノウハウを有しています。自動車保険や火災保険などの主力商品の
値上げだけで収益力を強化するのではなく、ニッチな保険販売を通じた
社会貢献やそれによるブランド醸成、そしてその結果による保険料収入
の拡大を目指す必要があるのでしょう。

外資系ならではの損保商品におけるニッチ戦略の今後の展開を期待した
いですね。また、日系損保はどのように応酬するのでしょうか。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!」では、損保会社特集が終了したこととに伴い、今週から1週間分の業界ニュースをピックアップした「まるごと損保業界ニュース」をはじめました。
多忙を極めて新聞・雑誌等を読む時間のない方にオススメします。

興味がある方はこちらからお申し込みください
メルマガサンプルはこちらです
メルマガ読者の感想はこちらです
バックナンバーはこちらです