■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
「日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!」(サンプル)
「東京海上」解体新書 (サンプル)
【20代向け】厳選ビジネス書マラソン(サンプル)
【立身出世を目指す方向け】厳選ビジネス書マラソン(サンプル)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

アドリック損保をあいおいニッセイ同和が吸収します。
吸収合併の名目は、「あいおいニッセイ同和損保が、アドリック損保の事業基盤
および経営資源を引き継ぐことで、持続的な成長と企業価値向上を図るとしている」
とされています。事実、事業コストを踏まえると、一つの損保会社で運営した
方がリーズナブルです。

しかし、ここで抜けているのが、
「元々、アドリック損保を発足させた目的は何か」を踏まえた結果検証です。
アドリック損保は、アドバンスクリエイトが50.1%、あいおいニッセイ同和損保が
49.9%を保有する合弁会社でしたが、出資時における投資コストや投資リターン
について、どのように検証させたのでしょうか。
株主に対する説明責任を果たすという意味では、もう少し丁寧な説明が必要
なのではないでしょうか。

あいおいニッセイ同和という大企業にとって、「数億円」の出資コストは
大勢に影響がでる額ではないものの、同社の戦略性や先見性が問われる可能性
もあります。

日経新聞では、小さい記事で取り上げられていましたが、代理店と損保会社の
合弁会社は損保業界における新しいビジネスモデルとしての可能性があった
だけに、今回の結末については、世間からもう少し注目されてもよかったので
はないでしょうか・・・。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!」では、損保会社特集が終了したこととに伴い、今週から1週間分の業界ニュースをピックアップした「まるごと損保業界ニュース」をはじめました。
多忙を極めて新聞・雑誌等を読む時間のない方にオススメします。

興味がある方はこちらからお申し込みください
メルマガサンプルはこちらです
メルマガ読者の感想はこちらです
バックナンバーはこちらです