■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
「日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!」(サンプル)
「東京海上」解体新書 (サンプル)
【20代向け】厳選ビジネス書マラソン(サンプル)
【立身出世を目指す方向け】厳選ビジネス書マラソン(サンプル)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

1月に発行予定の「厳選ビジネス書マラソン」のサマリーリストをご案内します。


【20代向け】「損害保険業界ノススメ」の厳選ビジネス書マラソン
――――――――――――――――――――――――――――――

「イシューからはじめよ」著者:安宅和人

【概要】
やみくもに働いても意味はない。労働時間など関係ない。重要なの
は真に価値のあるアウトプット。そのカギを握るのが「イシュー」。
知的生産性を高めるための独自の思考術を伝える1冊です。

【目次】
序章 この本の考え方──脱「犬の道」
第1章  イシュードリブン
第2章  仮説ドリブン1
第3章  仮説ドリブン2
第4章  アウトプットドリブン
第5章  メッセージドリブン
おわりに 「毎日の小さな成功」からはじめよう

――――――――――――――――――――――――――――――
「『脳番地』を強くする」著者:加藤俊徳

【概要】
脳番地を意識すれば、脳は科学的に鍛えられ、理想の自分がデザイ
ンできる。持続して勉強できる脳番地トレーニング法、随意性脳番
地への転換で発想力をつけるなど、最新の脳科学に基づいた、脳の
鍛錬法を学ぶことができます。

【目次】
はじめに
第1章 脳番地を意識したアイデア脳の作り方
第2章 アイデアを生み出す自分の脳をデザインする方法
第3章 オーケストラのように脳番地を使いこなす記憶術
第4章 脳の酸素効率をアップする勉強法
第5章 アイデアを生み出す脳生活術
おわりに

――――――――――――――――――――――――――――――
「プロの残業術」著者:長野慶太

【概要】
無数のトップビジネスマンと接してきた著者が、一流のプロフェッ
ショナルの「残業時間の使い方」について、持てるノウハウをすべ
て公開。なんとなく残業をしてしまっている仕事観を根底から変え
てしまう、まったく新しい働き方が紹介されています。

【目次】
はじめに
PART1 一流になるにはなぜ「プロの残業」が必要か?
PART2 残業時間を「自分のための時間」に変える
PART3 「一流の仕事」を生み出す時間外の行動力
PART4 一段上の「イレギュラーワーク」で力をつける
PART5 それでも残業がつらいというあなたへ
おわりに

――――――――――――――――――――――――――――――
「キミがこの本を買ったワケ」著者:指南役

【概要】
どうしてヒトはモノを買うのか?パッケージに惹かれたからか?
それともCMを見たからか?気がついたら、買い物カゴに入っていた
のではないでしょうか?世界で初めて、人が物を買う理由を赤裸々
に解き明かした1冊です。

【目次】
第1章 さて、心あたりありませんか?
第2章 ずばり、広告って参考にしてますか?
第3章 ところで、なぜ、これを選んだんでしたっけ?
第4章 けっきょく、売るのも買うのもむずかしい。

――――――――――――――――――――――――――――――



【立身出世を目指す方向け】「損害保険業界ノススメ」の厳選ビジネス書マラソン
――――――――――――――――――――――――――――――
「結果を出し続けるために」著者:羽生善治

【概要】
将棋界史上初の七冠達成など天才の名をほしいままにする棋士、
羽生善治氏。自身が培ってきた経験から、結果を出し続けるために
重要な3つの鍵が明かされます。

【目次】
第一章 努力を結果に結びつけるために
第二章 ツキと運にとらわれずに、最善を選択する
第三章 120%の能力を出し切る、プレッシャーとの付き合い方
第四章 結果を出し続けるには、ミスへの対応が鍵になる
第五章 自ら変化を生み出し、流れに乗っていくために

――――――――――――――――――――――――――――――
「なぜ、エグゼクティブはゴルフをするのか?」著者:パコ・ムーロ

【概要】
スペインで最も優れたビジネス書としてノミネートされた本です。
多くのビジネスマンが抱える悩みや問題を、いかに解決し明日への
成功につながるチャンスを見つけるかを13の物語でガイドします。
これを読めば、仕事も人生も上昇気流に乗ること間違いないでしょう。

【目次】
第1話 進化を拒んだ古代魚と陸に上がったカメ
第2話 こだわりの異なる3人の社長の選択
第3話 1本足になったアリ株式会社の末路
第4話 本当に「使えない」のは車かドライバーか
第5話 有能な社員に新人、ベテランも関係ない
第6話 社長のクローンは働き者ばかり!?
第7話 なぜ、エグゼクティブはゴルフをするのか?
第8話 「自ら動く新入社員」と「指示待ちベテラン社員」
第9話  1006人のうち、会社の妨げとなるのは6人
第10話 すぐに専門家任せのエグゼクティブたち
第11話 「前世紀のセールスマン」と「21世紀のセールスマン」
第12話 ボロボロのガレー船と3人の船長の航海術
第13話 エグゼクティブは熱気球に乗って仕事をしなさい


――――――――――――――――――――――――――――――
「3つの成功サイクル」著者:川西 茂

【概要】
仕事で成功の成果をあげている、BPPと呼ばれる人たちは、
「パフォーマンスサイクル」「パワーサイクル」「キャラクター
サイクル」という、3つのサイクルをダイナミックに噛み合わせて
回転させているとのこと。「7つの習慣」を翻訳し、13年の指導実績を
もつ著者がこの成功プログラムを伝授します。

【目次】
序章 最高の成果をあげる「ベストパフォーマンスパーソン」とは?
第1のサイクル パフォーマンスサイクル
第2のサイクル パワーサイクル
第3のサイクル キャラクターサイクル
終章 真のベストパフォーマンスパーソンになるために
まとめ 「3つの成功サイクル」