■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【20代向け】「損害保険業界ノススメ」の厳選ビジネス書マラソンを創刊しました。
メルマガサンプルはこちら
【立身出世を目指す方向け】「損害保険業界ノススメ」の厳選ビジネス書マラソンを創刊しました。メルマガサンプルはこちら
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

AIGエジソン生命保険が“円満家族のヒント”をテーマに、47都道府県別の既婚男女合計4700名を対象に「家族意識と県民性」の意識調査を実施しています。
そして、アンケート結果を県民性の研究を行っているナンバーワン戦略研究所所長の矢野新一氏が“県民性の法則”に従って分析をしています。
今後の家族の円満な生活を「気性(きしょう)予報」と題して発表しています。

保険代理店の方にとっては、地元の市場開拓にとって、何か気付きがあるかもしれません。「県民性」について客観的に把握しておくことで生命保険、損害保険の成約率が高まるかもしれません。

損害保険会社の社員の方にとっては、代理店の方とのコミュニケーション、個人・法人の新規顧客への提案の仕方(コミュニケーションの取り方)などに有効かもしれません。

総論的には納得できても、各論的には異なることが多いかもしれませんが、保険営業にとって何かしらのプラスがあるかもしれませんので、ぜひ確認してください。

こちら


【気性(きしょう)予報の一部抜粋】

■妻に従う夫の1位:宮城県
■妻に従う夫の最下位:鳥取県

■夫に従う妻の1位:山梨県
■夫に従う妻の最下位:福岡県

■少子化傾向1位:宮城県
■少子化傾向最下位:東京都

■老後生活計画性1位:東京都
■老後生活計画性最下位:秋田県

■危機管理の備え1位:栃木県
■危機管理の備え最下位:沖縄県

■夫の小遣い1万円未満の1位:福島県
■夫の小遣い1万円未満の最下位:東京都、香川県、熊本県

■夫の小遣い1〜3万円の1位:埼玉県
■夫の小遣い1〜3万円の最下位:栃木県

■夫の小遣い3〜5万円の1位:山梨県
■夫の小遣い3〜5万円の最下位:長崎県

■貯蓄額
・500万円以下の1位:宮崎県
・500万円〜1000万円程度の1位:大阪府
・1000万円〜3000万円程度の1位:愛知県
・3000万円〜5000万円程度の1位:新潟県
・5000万円以上の1位:東京都
・何も考えていない1位:富山県


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!」では、損保会社特集が終了したこととに伴い、今週から1週間分の業界ニュースをピックアップした「まるごと損保業界ニュース」をはじめました。
多忙を極めて新聞・雑誌等を読む時間のない方にオススメします。

興味がある方はこちらからお申し込みください
メルマガサンプルはこちらです
メルマガ読者の感想はこちらです
バックナンバーはこちらです