【管理人からのご案内】
損保マーケティングに関する小冊子無料プレゼントに関する情報こちらです。

昨日、以下のように愛読書をオススメしながらも経済学の重要性をお伝えしました。

スティグリッツ ミクロ経済学
スティグリッツ マクロ経済学

分厚い本ですが、全世界のMBAの経済学において愛用されている参考書です。
(英語版で読みましたが、中々頭に入らず、まず翻訳版を購入して英語版と格闘しました・・・)

「日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!」のメルマガ読者の方から「経済学の特集を組んでほしい」という声を数名の方からいただきましたので、
8月最終週号あたりから、マクロ経済学とミクロ経済学の特集記事の連載を企画したいと思います。ご興味がある方は是非ご購読ください。



結構反響があったので、もう一つおまけにお伝えしておきます。

渋沢栄一の「論語と算盤」の現代語訳版がちくま新書から出ています。

あの経営学の神様ピーター・ドラッカーでさえも、渋沢栄一に学べと言っていたと言われます。その渋沢栄一が商業に論語を応用して道徳観のあるビジネスを実践しました。

日本実業界の父とも呼ばれる渋沢氏が生涯を通じて貫いた経営哲学が学べます。
利潤と道徳を調和させる」という、経済人がなすべき道を示した『論語と算盤』は、損保業界に携わるビジネスパーソンが帰るべき原点であるかもしれません。

明治期に資本主義の本質を見抜き、約470社の会社設立を成功させた渋沢氏の言葉は、混沌とした金融業界において何かしらの示唆を与えてくれると思います。
管理人は多くの感動を覚えました。ぜひご一読ください。

これは、ビジネスマンにとって必読の書だと思います。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!」では、損保会社特集が終了したこととに伴い、今週から1週間分の業界ニュースをピックアップした「まるごと損保業界ニュース」をはじめました。
多忙を極めて新聞・雑誌等を読む時間のない方にオススメします。

興味がある方はこちらからお申し込みください
メルマガサンプルはこちらです
メルマガ読者の感想はこちらです
バックナンバーはこちらです