【管理人からのご案内】
損保マーケティングに関する小冊子無料プレゼントに関する情報こちらです。

今後の損保業界はどうなるのでしょうか。
国内事業は海外事業への投資をするための資金を提供するためのツール(金の源)に過ぎず、海外マーケットでどれだけM&A等を通じた展開ができるかが勝敗を分けるのだと思います。

その前提に立つと、この先5年くらいの勝ち組は・・・東京海上HDだと思います。
その理由は何か。

以下URLから各ホールディングスの組織図を確認してください。

東京海上HD

MS&ADHD

NKSJHD



答えは、東京海上HDのみ「海外事業企画部」が存在します。
これは、グループ全体として、「海外事業戦略」を考えていることの証です。
外形的なことですが、重要なことです。
このような組織があるかないかで、会社の方向性は決定的に異なると思っています。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【ご案内】
2010年度から損害保険業界の再編第2幕がスタートです。
三メガ体制となり、また、4メガ体制を視野に入れたAIGグループの富士火災やAIUの戦略も見ものです。

そこで、メルマガ読者の皆さんからご要望が多数あった損害保険各社の戦略を再度メルマガにて案内・分析したいと思います。
以下の日程で各社を取り上げる予定ですので、ご興味のある方は、「「日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!」を購読してください。

(予定)
4/19号:東京海上日動(配信済)
4/26号:損害保険ジャパン(配信済)
5/ 3号:三井住友海上(配信済)
5/10号:あいおい損保(配信済)
5/17号:日本興亜損保(配信済)
5/24号:ニッセイ同和(配信済)
5/31号:富士火災(配信済)
6/ 7号:AIU(配信済)
6/14号:日新火災(配信済)
6/21号:共栄火災(配信済)
6/28号:朝日火災(配信済)

※場合によっては企画変更、または発信時期がずれることがありますが、
 ご了承ください。

「日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!」では、損保会社特集が終了したこととに伴い、今週から1週間分の業界ニュースをピックアップした「まるごと損保業界ニュース」をはじめました。
多忙を極めて新聞・雑誌等を読む時間のない方にオススメします。

興味がある方はこちらからお申し込みください
メルマガサンプルはこちらです
メルマガ読者の感想はこちらです
バックナンバーはこちらです