【管理人からのご案内】
損保マーケティングに関する小冊子無料プレゼントに関する情報こちらです。

三井住友海上火災保険は18日、マレーシアの大手金融グループ「ホンレオン」と資本提携し、同国の生命保険事業に参入すると発表しました。
同社の海外市場における生保事業は中国に続く3カ国目で、アジアの新興国市場を中心に海外での生損保事業の拡大を図っています。ホンレオンの保険子会社「ホンレオン・アシュアランス」に対し約254億円を出資し、株式の30%を取得しています。

最近では損害保険ジャパンもトルコの中堅損保を買収しています。

損害保険会社による海外事業の買収ラッシュです。
政策株式の解消、含み益の確保など決算対策をしている中、キャッシュフローがあまったのでしょうか。こぞって海外買収を始めています。
(数百億円規模のキャッシュですから、計画的にファイナンス【資金繰り】を検討されていたのでしょうが・・・)

日本国内のキャッシュフローが、海外の保険会社の買収・出資を通じて、海外に流れてしまいます。まるで、明治時代のように・・・。

折角の日本国内にあるキャッシュフローがこのように海外に流れ、直接的・間接的に海外経済の寄与しているのは皮肉なものです。

日本の保険会社が海外に買われることで、海外資本が日本国内に流入するのはバブル崩壊以降、久しくないような気がします。日本の潤沢なキャッシュフローを日本経済の発展のために活用するにはどうしたらよいのでしょうか。

民主党のマニフェストには、法人税率の低減による海外法人の誘致が掲げられています。

日系損保会社の海外事業戦略が活発になる中での雑感でした。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【ご案内】
2010年度から損害保険業界の再編第2幕がスタートです。
三メガ体制となり、また、4メガ体制を視野に入れたAIGグループの富士火災やAIUの戦略も見ものです。

そこで、メルマガ読者の皆さんからご要望が多数あった損害保険各社の戦略を再度メルマガにて案内・分析したいと思います。
以下の日程で各社を取り上げる予定ですので、ご興味のある方は、「「日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!」を購読してください。

(予定)
4/19号:東京海上日動(配信済)
4/26号:損害保険ジャパン(配信済)
5/ 3号:三井住友海上(配信済)
5/10号:あいおい損保(配信済)
5/17号:日本興亜損保(配信済)
5/24号:ニッセイ同和(配信済)
5/31号:富士火災(配信済)
6/ 7号:AIU(配信済)
6/14号:日新火災
6/21号:共栄火災
6/28号:朝日火災

※場合によっては企画変更、または発信時期がずれることがありますが、
 ご了承ください。

「日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!」では、損保会社特集が終了したこととに伴い、今週から1週間分の業界ニュースをピックアップした「まるごと損保業界ニュース」をはじめました。
多忙を極めて新聞・雑誌等を読む時間のない方にオススメします。

興味がある方はこちらからお申し込みください
メルマガサンプルはこちらです
メルマガ読者の感想はこちらです
バックナンバーはこちらです