【管理人からのご案内】
損保マーケティングに関する小冊子無料プレゼントに関する情報こちらです。

損保社員に求められるスキルを3つ思い浮かべてください。

保険知識
税務知識
労務知識
財務会計知識
英会話力 

などなど思い浮かぶかもしれませんが、今後本当に必要なスキルは

コーチング」スキルだと思います。

なぜならば、20代、30代の人は10年後、20年後の自分をを考えたことがあるでしょうか。

必ずしや、「年上の部下」を持つことになると思います。

この「年上の部下」を持って初めて直面する壁が「コミュニケーション力」です。
通常、「年下の後輩」「年上の代理店主」「年上の代理店使用人」とのコミュニケーションは、義務教育、高等教育や社会経験の中で培ったスキルで対応できるでしょうが、「年上の部下」をマネジメントするコミュニケーションを習ったことはあるでしょうか。これは実際に経験を積み、仮説検証しながら、自分なりのコミュニケーション手法を確立することになると思います。

しかし、これでは時間がいくらあっても足りません。

そこで、どうするのか。それは、「コーチング」スキルを身につけることがこの課題を解決する一つの手段だと考えています。

それでは、コーチングとはなんでしょうか。

コーチング」とは物の本によると、

人には達成したいと思う気持ちや目標があります。その目標を、自ら決めた方法で積極的に素早く達成することができるように、個人的な特性と強みを活かし、その人が本来もっている能力と可能性を最大限に発揮することを目的として、自ら考えさせ、行動を促すために、相手の取るべき手段を引き出すコミュニケーションサポートです。」

相手が考えて答えを出せるような質問をしたり、そういった考え方や思いをもつことを承認したり、積極的に相手の話を聴く力などたくさんのスキルを使って、その人が望む目標をより早く、より多く達成できるようサポートすることです。」

子どもの頃から、家庭や学校、職場等で、教えられたとおりにできると、高い評価を得られてきました。それは「答えはいつも自分以外の誰かがもっている」との考えを醸成することでもありました。しかし、このようなありかたは、自ら考え行動する、自立した人間を求める現代にはそぐわなくなってきたのです。「人は無限の可能性をもっている」「その人が必要とする答えはその人のなかにある」「その答えに気付くためにはサポートが必要である」この3つを基本に、クライアントが「自分の人生は自分でデザインし作っていく」との意思を持続させ、目標達成するのに必要なシステムがコーチングです。」

とのこと。

コーチング」は、目標達成やパフォーマンスの更なる向上を目指して、相手を勇気付け、やる気を引き出し、自発的な行動を促すコミュニケーションスキルだそうです。損保業界のような変化の激しい時代にあって、損保会社や保険代理店の存続を厳しく問われる状況下では、「契約者本位のサービス・商品づくり」や「顧客満足」を念頭に置いた企業経営が不可欠となっています。このような動きの中では、より現場に近く、顧客との接点を持っている下位者の重要度が増しています。そして、下位者の手にする、活きた情報を上位者がいかに吸い上げて、適切な対応に結びつけるか、ということが大事になっています。こうした時代背景を踏まえて、「年上の部下」と「年下の自分」という将来型の人間関係を上手く円滑的に運ばせるのがコーチングだと思います。

「コーチング」の効能や概要については、良く耳にしますが、体系だって学んだことはないので、この記事を書いたことを機会に管理人も勉強してみたいと思います。
同じ問題意識を抱えている人は是非「コーチング」を勉強してみてください。


<お知らせ>
メルマガでは、損害保険会社各社の「特色」を管理人の目で分析し、所感についてコメントしていきたいと思います。ビジネスレポートや財務諸表から読み取れることをメルマガのコラムにてお伝えしていきます。他社の経営方針を知りたい損保社員、乗合を考えている保険代理店、就職活動を控えている学生の方などにとって参考になれば幸いです。

興味がある方はこちらからお申し込みください
メルマガサンプルはこちらです
メルマガ読者の感想はこちらです

紹介スケジュール(予定)は以下の通りです。
※各日、22時頃の配信予定となります。それ以降に登録の場合は、バックナンバーでの確認となりますのでご注意ください。

7/27号:東京海上日動(配信済み)
8/3号:損害保険ジャパン(配信済み)
8/10号:三井住友海上(配信済み)
8/17号:あいおい損保(配信済み)
8/24号:日本興亜損保(配信済み)
8/31号:ニッセイ同和(配信済み)
9/7号:富士火災(配信済み)
9/14号:AIU(配信済み)
9/21号:日新火災(配信済み)
9/28号:共栄火災(配信済み)
10/5号:朝日火災(配信済み)
10/12号:エース損保(配信済み)
10/19号:大同火災(配信済み)
10/26号:セコム損保
11/2号 :エイチ・エス損保
11/9号 :アニコム損保
11/16号:ソニー損保
11/23号:三井ダイレクト
11/30号:そんぽ24
12/7号 :SBI損保
12/14号:イーデザイン損保

〔参考〕バックナンバー記事タイトル
6/22号:コラム「なし」、記事「日本興亜社の保険金支払い先送り」
6/29号:コラム「なし」、記事「瀬戸際損保、生き残りの戦い」
    →東京海上日動社に届いた陳述書の内容についてコメントしています
7/6号:コラム「損保社員の出世のルール」、記事「保険会社の資本規制」
7/13号:コラム「なし」、記事「損保ジャパン、セゾン自動車を子会社化」
7/20号:コラム「代理店収益を上げるコツ」、記事「自動車保険料上げ」  
7/27号:コラム「東京海上日動」、記事「大手生保、都市部で営業部門増強」
8/3号:コラム「損保ジャパン」、記事「アリコ情報流出」
8/10号:コラム「三井住友海上」、記事「損保大手、自動車保険不振」
8/17号:コラム「あいおい損保」、記事「損保大手6社の4月〜6月業績」
8/24号:コラム「日本興亜損保」、記事「ライフネット、アドクリとの資本提携」
8/31号:コラム「ニッセイ同和」、記事「ミニ保険会社急増」
9/7号:コラム「富士火災」、記事「あいおい、ニッセイ同和合併時期延期」
9/14号:コラム「AIU」、記事「日興損保、インドから温暖化ガス排出枠取得」
9/21号:コラム「日新火災」、記事「SBI損保、第三者割当増資」