【管理人からのご案内】
損保マーケティングに関する小冊子無料プレゼントに関する情報こちらです。

6名の方から新しく発行したメルマガへの質問と感想が届きましたので、ご本人の承諾を得た上で、質問に対する回答と感想を掲載させていただいます。


質問1.20代損害保険会社社員の方(と推測)
>毎回記事に対する管理人さんコメント内容は示唆に富んでいると思います。
 自分の上司や周囲の人間からも聞けない意見が多いので、とても参考になります。 ところで、いつ、どこで、記事の内容を考えているのですか?

回答1.
 管理人の通勤時間はdoor to doorで約1時間です。
 通勤時間の中でも徒歩中(家⇔駅、駅⇔会社)に考えています。

 

質問2.地方都市で活躍する保険代理店主の方
>会社とプライベートなど色々忙しいと思いますが、どうやって時間を
 見つけているのですか?私は日々、更改作業に追われててんやわんやです(泣)

回答2.
 更改活動お疲れ様です。
 今は保険契約の更改作業は相当のロードがかかります。
 一部の会社では、満期案内を契約者に2ヶ月前に直送しているようですから
 契約者へのコンタクト早期化したり、重要事項の説明に時間がかかったり、 
 大変ですよね。
 それに比べ、管理人はそこまで忙しくはないのだと思います。多分、管理人
 のタイムマネジメント能力が高いのではなく、そもそもの仕事に費やしている
 絶対的時間量が違うのだと思います。(管理人が相対的に暇なだけです笑)



質問3.損害保険会社のマネージャー
>先日、ブログの話題に上がった「役員」の下につく者です。
         (中略)
 役員の薦めもあり、早速購読させていただいました。今、若手社員の人材育成
 マネジメントが喫緊の課題と認識していますが、管理人さんはどう思いますか?

回答3.
 若手社員の年次の定義にもよりますが、仮に入社1〜3年目社員をここで言う
 「若手社員」と定義した場合ですが、2005、6年度は保険業界の転換点だと
 思います。保険金不払問題、保険料取りすぎ問題の元年ですが、この年以降に
 入社した社員はコンプライアンス最優先の仕事をしていると思います。
 ある意味、顧客志向なくした法令順守で、入社前に抱いていた希望や楽しみを
 失いかけているのではないでしょうか。
 「人材マネジメント」といった大上段に構えるのではなく、まずは、ご本人に
 「何をしたくて損保に入社したのか」「夢は何か」「目標は何か」を聞いて
 上げルコミュニケーションを励行するのはどうでしょうか。
 その上で、今ある会社の態勢・方針は「諸先輩から受け継いだ負の遺産」と
 しっかり認めたうえで、「今が辛抱の時」とお伝えしてみてはどうでしょうか。
 上司対部下という1対多の関係ではなく、上司対本人の1対1の関係で
 お付き合いすることが大切だと思います。僭越ながら。


質問4.個人代理店主(多分そう思います)
>期待して購読しましたが、余り面白くないですね。
 期待はずれですが、今後どのような記事を書く予定ですか。
 それ次第では、購読を解除しようと思います。


回答4.
 忌憚ない御意見ありがとうございます。
 管理人の力不足を痛感しています。そして、期待はずれであったこと、お詫び
 申し上げます。
 今後も各損害保険会社の経営戦略や国内事業戦略、マーケティング手法など
 について情報収集し、管理人独自の考えで「事象」を皆さまに分りやすいように
 咀嚼してお伝えしたいと思っています。
 新聞各紙や経済雑誌に載っている損害保険業界に関する記事は「事実」に関する
 情報であり、それが将来どのような影響を及ぼすのか、またはそれ自体が何を
 暗示しているのか、など巷や社内、関係者間の炉辺会議では聞けないだろう
 ネタをお伝えしていきたいと思います。記事の内容に好き嫌いはあろうかと
 思いますので、取り上げてもらいたい内容をお伝えいただけると幸いです。


質問5.保険代理店の使用人
>有料メルマガを発行されていますが、就業規則上問題ないのでしょうか。

回答5.
 悩ましい質問です。
 会社の就業規則を確認していますが、「個人の利益のための営業は禁止」
 とされていました。以前、ブログにも書きましたが、メールマガジンから
の収益は全額を日本フォスター・プラン協会(プランジャパン)
の活動に寄付しています。(従いまして、今のところは重たい問題だとは
 思っていないのですが、どうでしょう・・・)
 以前から途上国の学校建設に興味があったこと、そして、当該協会に知人が
 いることがきっかけで寄付することにしました。寄付の財源はメルマガの収益
 を全額当て込み、損保社員としては会社を通じて社会貢献?を、一方で個人
 としても社会貢献をしていくつもりです。
 具体的にはこちらのプロジェクトの学校建設に寄金しています。
 
 ということは、日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る! を購読している方々も間接的に社会貢献をしていただいていることになりますね。
 

6.感想 新聞記者
>はじめまして、管理人さんの友人○○君と同期の□□新聞社に勤める△△と
 申します。(中略) 
 マスコミ関係で金融業界を担当している人であれば、貴ブログやメルマガの
 ことはよく知っていると思います。メルマガで、各損害保険会社の特長を
 管理人さん独自の思考による分析結果は、第三者の立場で携わる者にとって
 非常に参考になります。お互い違う立場で、違う媒体を通じて情報発信する
 身ではありますが、管理人さんには頑張っていただきたいと思います。

6.返答
 はじめまして、△△さん。
 ご丁寧に連絡有難うございます。
 お褒めのお言葉をいただき光栄です。アマチュアとしてブログを通じ、
 情報発信をこれからも頑張りたいと思います。近々、機会があれば
 食事をご一緒させてください。宜しくお願いします。



いただいた御意見・質問・感想は、ご本人様の承諾をいただいた上で、ブログで掲載させていただいますので、今後も忌憚ない御意見お寄せ下さい。


<お知らせ>
メルマガでは、損害保険会社各社の「特色」を管理人の目で分析し、所感についてコメントしていきたいと思います。ビジネスレポートや財務諸表から読み取れることをメルマガのコラムにてお伝えしていきます。他社の経営方針を知りたい損保社員、乗合を考えている保険代理店、就職活動を控えている学生の方などにとって参考になれば幸いです。

興味がある方はこちらからお申し込みください
メルマガサンプルはこちらです
メルマガ読者の感想はこちらです

紹介スケジュール(予定)は以下の通りです。
※各日、20時頃の配信予定となります。それ以降に登録の場合は、バックナンバーでの確認となりますのでご注意ください。

7/27号:東京海上日動(配信済み)
8/3号:損害保険ジャパン(配信済み)
8/10号:三井住友海上(配信済み)
8/17号:あいおい損保(配信済み)
8/24号:日本興亜損保
8/31号:ニッセイ同和
9/7号:富士火災
9/14号:AIU
9/21号:日新火災
9/28号:共栄火災
10/5号:朝日火災

〔参考〕バックナンバー記事タイトル
6/22号:コラム「なし」、記事「日本興亜社の保険金支払い先送り」について
6/29号:コラム「なし」、記事「瀬戸際損保、生き残りの戦い」について
    →東京海上日動社に届いた陳述書の内容についてコメントしています
7/6号:コラム「損保社員の出世のルール」、記事「保険会社の資本規制」について
7/13号:コラム「なし」、記事「損保ジャパン、セゾン自動車を子会社化」について
7/20号:コラム「代理店収益を上げるコツ」、記事「自動車保険料上げ」について