ランキング参戦中。是非ここをクリックしてください!

微妙なズレ・・・

損害保険会社が専業の保険代理店に求めるもので大なり小なりのズレはありますが、管理人が考える「大きなズレ」は「保険代理店の事業化」です。

営業をしていた時代から疑問だったのですが、なぜ損害保険会社は専業、かつ個人経営している保険代理店に対して事業化(法人化)を求めるのでしょうか。

店主死亡時のスムースな継承対応や社会的信頼性の増幅など、メリットはあるのでしょうが、そもそも顧客はその代理店を気に入っているはずであり、個人か法人かの属性の違いは気にしていないのではないでしょうか。

価値観・考え方の違いはありますので、現役営業社員や既に法人化され成功している店主の方からは反発の声がありそうですが、語弊を恐れずに言えば、


保険代理店は、事業化するのではなく、コンサルティングファーム、会計士事務所や弁護士事務所などのような事務所化(ファーム化)を目指すべきなのではないでしょうか。


結局は法人化と一緒なのかもしれませんが、事務所(ファーム)は、プロ集団が集まりであり、個々の案件を得意分野ごとに、専門家が担当し、稼いだ利益の何割かを事務所に還元し、差分を報酬(フィー)として獲得する仕組みになっています。あくまで、個々の営業力やブランドが顧客獲得の要点となり、事務所(ファーム)はその専門・プロ集団を束ねる器でしかありません。

損害保険会社は、保険代理店をプチ損害保険会社のように育てるのではなく、専門家集団として育てる(サポートする)ことが重要なのではないでしょうか。損害保険会社都合で保険代理店の進退を考えるのではなく、保険代理店都合と顧客目線で代理店のビジネスモデル(ビジネスの仕組みの大枠)を考えていくことが求められているような気がします。これから代理店合併などして事業拡大を指向される方には検討してもらいたい考え方です。

異論反論・・・教えてください。

ランキング参戦中。是非ここをクリックしてください!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
     
     ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━   
    日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!
 
     ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━  
                          
ブログ<損害保険業界ノススメ>の管理人が発行する有料メルマガです。
ブログでは書けなさそうな内容をお伝えします。
就職活動、営業活動、業界研究、経営マネジメントにお役立てください。

損害保険会社の就職面接対策をしている学生、損保マンとして最低限の
経営知識を身につけたい社会人、損害保険業界を大局的に俯瞰し、
経営指針を作ろうとする代理店経営者の方向けの有料メルマガです。
経営戦略、マーケティング、財務会計、人事、ファイナンスなどさまざまな
切り口から損害保険業界を分析します。是非ご購読ください。

興味がある方はこちらから

                    
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■