ランキング参戦中。是非ここをクリックしてください!

株主総会で、現経営陣と旧経営陣の血みどろの攻防線が話題となった日本興亜社ですが、大株主である外資系ファンドの圧力にも屈せず、愚直に事業費を削り利益体質を実現させたのにも関わらず、「社長宛に届いた血判状」「保険金支払い遅延指示」「株主総会」などマスコミに面白おかしく取り上げられてしまい、社員の方々の真理は微妙なのではないでしょうか。

第三者的に、血判状、株主総会など一連の流れを見ていると、どちらが悪いわけではなく、考え方の違いを如何に相手に説明し、説得し、納得が得られないのであれば、対話し続ける姿勢を持っていくことができるか否かで、全ての結末は違ってきたのではないでしょうか。

現経営陣の思いも分りますし、旧経営陣の考えも理解できます。
日本興亜社と損害保険ジャパン社の統合にかかる、日本興亜社側が抱える「問題」とは何なのでしょうか。様々なことが複雑に絡み合い、マスコミも推測を記事化しているのでそれに惑わされていることが多いと思いますが、「問題」が分れば、双方の食い違いが何故発生しているのか、どうすれば解決できるのか、が明確になるのではないでしょうか。公的な場で泥試合をすることは得策ではありません。冷静に「問題」を見つめなおすことが大切なのではないでしょうか。

話は変わりますが、賛否両論あるかもしれませんが、年1回の株主総会は経営を託したオーナーが集まる場所ですが、自分の思いを熱く語れる人(株主)がいるでしょうか。松沢氏といい、兵頭氏といい(受け答えの言葉遣いに多少の難はありましたが)
愚直で一生懸命なのではないでしょうか。「人間味」が感じ取れ、管理人はなんとなくホノボノしてしまいました。受け止め方は千差万別だと思いますが、大企業で社長に抜擢されるほどの方々ですので、人格、仕事のやり方とその成果というものは、他を寄せつけないものがあったのでしょう。


管理人も周囲に「優秀だな〜」「将来必ず出世しそうだな〜」っと思う人がいます。反対に、すごく優秀な人でも「このやり方は絶対ダメ」「これは失敗する」と思える不器用な人もいます。

出世した人、出世しそうな人を目の当たりにしながら、管理人なりに考えた損保ならではの「出世のルール」があります。管理人は実行出来そうにありませんが、次回7月6日(月)発行のメルマガでお伝えしたいと思います。ご興味がありましたら、ご登録ください。興味がある方はこちらから

ランキング参戦中。是非ここをクリックしてください!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
     
     ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━   
    日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!
 
     ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━  
                          
ブログ<損害保険業界ノススメ>の管理人が発行する有料メルマガです。
ブログでは書けなさそうな内容をお伝えします。
就職活動、営業活動、業界研究、経営マネジメントにお役立てください。

損害保険会社の就職面接対策をしている学生、損保マンとして最低限の
経営知識を身につけたい社会人、損害保険業界を大局的に俯瞰し、
経営指針を作ろうとする代理店経営者の方向けの有料メルマガです。
経営戦略、マーケティング、財務会計、人事、ファイナンスなどさまざまな
切り口から損害保険業界を分析します。是非ご購読ください。

興味がある方はこちらから

                    
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■