ランキング参戦中。是非ここをクリックしてください!

2番手以下の損害保険会社は、日本1番を狙う。
1番の損害保険会社は、より上をめざし、世界1番を狙う。

では、どうすれば1番になれるのでしょうか。

管理人もスポーツ、学校の成績、その他競技で1番になった経験がないのでイメージが湧きませんが、企業が1番になるためには・・・


「優秀な社員が1番の会社よりも何人多くいるか」

    または

「優秀な社員がどれぐらい多くいるか」

    ではなく、

ダメ社員が1番の会社よりも何人少ないか

    または

ダメ社員がどのくらい少ないか


なのだと思います。


損害保険会社では、色々な意味で閉塞感が漂っていると思います。
その顕著な表れが「愚痴」なのだと思います。

この「愚痴」は言うのは簡単ですが、では、自分がどうすれば現状が改善されるのか、よりよくなるのかなど、建設的な意見はなく、単なる「悪口」になっていることが多々あります。


昨今の損害保険会社は労働環境(労働衛生面含む)が悪化していますが、それだからこそ、世間の相場よりも給与が高いのだと思います。業務職(地域型)の人は総合職(全国型)と比較すると福利厚生は見劣りしますが、世間の相場からすると、相当いいほうです。

過去の業務量に対する給与が世間ズレしているくらい良かっただけで、今はそれが適正化されたという考えは間違えているのでしょうか。最近、管理人は高い買い物をしようか検討していますが、その買い物をする際、営業マンの方に年収を聞かれ、答えたら驚かれました。でも、社内では「昔に比べれば、今の給与体系は悪くなったよな〜」って漏れ聞こえしてきます。この考え方自体が間違えているような気がします。

「愚痴」を言うのは簡単ですが、今の損害保険会社に勤務する社員には、発想を変えて考えてみたり、立ち位置を変えて冷静に分析してみたり、今ある環境を改善するために智慧を出していくことが、求められているのではないでしょうか。

冒頭の「ダメ社員」はこの「愚痴だけを言う社員」と定義してみたいと思います。
管理人も愚痴ることがありますが、「ダメ社員」にはならないように気をつけたいと思います。

ランキング参戦中。是非ここをクリックしてください!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
     
     ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━   
    日経4誌の損保関連ニュースをMBA的思考で斬る!
 
     ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━  
                          
ブログ<損害保険業界ノススメ>の管理人が発行する有料メルマガです。
ブログでは書けなさそうな内容をお伝えします。
就職活動、営業活動、業界研究、経営マネジメントにお役立てください。

損害保険会社の就職面接対策をしている学生、損保マンとして最低限の
経営知識を身につけたい社会人、損害保険業界を大局的に俯瞰し、
経営指針を作ろうとする代理店経営者の方向けの有料メルマガです。
経営戦略、マーケティング、財務会計、人事、ファイナンスなどさまざまな
切り口から損害保険業界を分析します。是非ご購読ください。

興味がある方はこちらから

                    
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■