ランキング参戦中。是非ここをクリックしてください!

一度お会いしてみたい人・・・尾籠裕之さん。
保険産業をシステム思考で斬っている、素晴らしいお方です。

保険代理店の『戦略的事務構築論』」ほか著書多数、講演多数の経歴を持ち、現在、(株)保険システム研究所の役員を務めている実業家です。

上記著書の中に、このようなくだりがありました。

更改とは営業ではないか、という意見もあるかもしれないが、営業とは新たな収益源を獲得する活動であり、更改が営業でなければならないという根拠は乏しい。代理店にとって日々の糧である手数料を稼ぐという意味では(更改作業は)営業の役割を果たしているかもしれないが、他の業種であれば保守費用を稼いでいるようなもので、保守費用を集めている人たちを営業とは呼んでいない

賛否両論あると思いますが、管理人は納得です。
やはり営業は新規契約、新規顧客を獲得してこそ営業であり、既存契約のメンテナンスは営業とはいえないと思います。「営業」という言葉の定義論を語るつもりはありませんが、更改作業を如何に簡素化するか?という観点で代理店業務を見直すことが重要なのだと思います。代理店も時代の趨勢と共に成長しなくてはなりません。時代の趨勢に乗らず、「現状維持」という言う人は無視してもらって構いませんが、将来志向の保険代理店の方々には是非、上記のくだりを噛み締めてもらいたいと思います。

尾籠裕之さんにお会いした事はありませんが、機会があれば是非お会いしたいです。


<読者アンケート実施中>
管理人のためにあなたの2秒を提供してください。
是非とも以下のアンケートにお答えください。
(複数回答可能)

アンケートにご協力ください
保険代理店の方に質問します。あなたが今知りたいことは?
対等合併の仕方
吸収合併の仕方
手数料ポイントの仕組み
手数料ポイントの上げ方
営業担当社員の仕事内容
顧客獲得方法
代理店の辞め方
乗合を認めさせる方法
そのほか(コメント欄に記入ください)





BANAランキング好調です!ランキング投票お願いします。
こちらをクリックしてもらうことが管理人のモチベーションです。